自宅でできるニキビ治療

ニキビ 治療

十代後半頃を中心に発生するニキビ。ブツブツのニキビ肌に悩まされたことのある人も多いのではないでしょうか?十代のニキビは主に皮脂の過剰分泌で発生するものがほとんどです。私自身もそうでしたが、ニキビを治すためにあぶら取り紙で皮脂をとり、さっぱりした使用感が特徴の洗顔料やスクラブ入りの洗顔料を使い、更にニキビ肌を隠すためにファンデーションを塗っていました。結局現在、ニキビはほぼできませんが、その頃の杜撰な手入れのためにニキビ跡や毛穴の開きが一部残っています。そんな跡が残らないためにはどのようなニキビ治療をすればいいのでしょうか?色々あるかと思いますが、私が最もおすすめするのは「保湿」です。皮脂で顔がテカっていると肌に水分は十分あるように思います。実際十代のころは肌の水分も比較的十分にあるかと思いますが、あぶら取り紙や洗顔での皮脂の取り除き過ぎは厳禁です。勿論余分な皮脂はとる必要がありますが、過剰に撮り過ぎてしまうと今度は乾燥することになります。乾燥すると逆にその乾燥を補うために再び皮脂が分泌されます。その皮脂をも取り除いてしまうと、完全に乾燥肌になり、肌は非常にダメージを受けやすい状態になってしまいます。するとニキビだけではなく他の肌トラブルをも引き起こす原因になります。そのため、洗顔料などで皮脂を取り除いた後、きちんと保湿することが必要です。そうすることで皮脂と水分のバランスがとれ、脱ニキビへと繋がるのです。